フォト

コンタクト

  • 居住地: Japan

1行紹介

花と鳥と風と月と、歌う ハープ弾き語りアーティスト、弓歌(ゆか)のブログ

自己紹介文

お立ち寄りありがとう!
花と鳥と風と月と、歌う ハープ弾き語りアーティスト弓歌(ゆか)のブログです。

* * * * * プロフィール * * * * * *

「ゆかはアニミズムだね」。
父に言われて“アニミズム“という言葉を知り、自然に寄り添い響き合って歌う感覚は生まれつきのものだと自覚する。

15年ほど前、とあるワークショップで「人に残された唯一の鳴き声としての自分の声」に出会い、やっと自分の「声」を探し当てたと実感。

自分の声に最もあう楽器を探し始め、アコーディオンとのユニット活動、ヴォーカルグループでのライブ活動、作曲家たちと共にレコーディングしたCDでのデビュー、声と舞いで心を癒す活動などに取り組む中、2008年ハープに巡り合う。

初めてハープを膝に抱いた時の胸のトキメキはまさに「魂が喜ぶ」感覚であり、小型ハープの弾き語りとvoiceの即興という形でのライブ活動をスタート。

2011年に出産し子育てをする中で「子供に生きた証を残したい」という思いが湧きおこり、創作活動にも力を入れている。

お客様からは、「原始の森にいるような感覚になる」「生命力をもらった」「綺麗な音と声に癒された」「歌心が染みる」「お腹の子が踊っていた!」「大人も子供も眠ってしまう」などの感想が多い。

夢は、花園や田んぼや畑、森の中、流れ星や月の下、太古の自然が残る場所でのライブをすること。 子供が幼いうちに子供の声と一緒にレコーディングすること。 (将来的にはバンド活動も!)

趣味はエコ。 スキンケアからハウスキープ、簡単なおくすりまで、アロマ・ハーブ・クレイ・重層やクエン酸などで暮らしを楽しんでいる。 布ナプキン、布おむつ派。 アロマは講師やセラピストの経験あり。

珈琲専門店経営の夫と、2011年生まれの男の子との3人暮らし。 愛読書は「西の魔女が死んだ」。魚座。

※アニミズム 生物・無機物を問わないすべてのものの中に霊魂、もしくは霊が宿っているという考え方。


【歴史】
・多摩美術大学在学中にエコに目覚め、 アコースティック音楽活動開始。
・アカペラグループ「モモクロビック(現・スムースエース)」のサポートメンバーとして活動。1996年長野オリンピック、大阪ブルーノートなどで歌う。
・2002年アルファエンターテイメントより「Sun, salt & time」としてCDリリース
・2008年 カフェ珈琲文明にて満月の夜の「満ちる○ライブ」開始。 ハープを弾き始める。
・2011年出産間際まで毎回ほぼ満席のライブを続ける。
2013年9月、中秋の名月に神奈川区の子育て支援施設・かなーちぇにて産後初の「満ちる○ライブ」。ライブ。
・11月、子育て支援企画「白幡の森プレイパーク」の15周年記念イベント森祭りにてライブ予定。

★現在は子育て最優先のスケジュールでライブ活動を行っている。